2018年のスタートですね。貯金元年にしていきましょう

新年あけましておめでとうございます。

さあ、今年から家計簿付けるぞー!
そんな意気込みを昨年末した人もいることでしょう。

でもね、新年早々家計簿付けるのって大変。
なんだあかんだあ忙しい新年3日くらい思い切って家計簿はお休みしておきましょう。

というのも、家計簿って支出を書くものですから、年明け早々支出ばっかり記入してると気がめいる。
これが本音です。

記入しないと、何に使ったのかわからなくなっちゃう。
後で思い出すのが面倒。

そんなお悩みは、次の方法で解消できます。

お正月予算

お正月休みに使うお金は予算立てして財源を別に確保しておくのです。
封筒に入れて別管理すれば、家計と混ざることもないでしょう。

こうすることによって、家計簿ヘ記入しなくてもいい環境を作ります。
どうしても支出内容が気になる人は、封筒にメモ書き入れておくといいでしょう。

さらに、もいひとついいことがあります。
それは、月の家計を切り離すことができるという点です。

このお正月費を使い切っても、家計を圧迫することはありません。
※細かい家計管理方法は家計簿インストラクター講座をご利用ください。
使い切ってよいお金ですから、苦痛を伴うことがありません。

またお金使うの?
家計苦しくなるの?

そんな感情から解放されます。
それが、予算立て。

お正月コストはしっかりと予算立てして、財源を別に確保しておきましょう。