住宅購入後に家計がツラくならないために知っておくこと

家計学(30)さんは、子供が生まれてマイホームを意識しました。
住環境を整えてあげたいのだそうです。

弊所へは、住宅販売会社の試算通り購入して大丈夫かどうかのご相談でした。
変動金利で月返済のみのケースとボーナス返済を併用しているケースをお持ちになりました。
家計簿もつけておられ、きちんと家計状況の把握をされています。

しかし、そんな家計さんの住宅購入にあたっては、不安な点がありました。
それは、家計状況で把握しているのは現状支出だけだということです。

収入の伸びが大きく期待できない昨今では、将来の支出増を見据えておかねばなりません。
子供が小さい時の家計支出と、中高校時の支出では明らかに後者が支出増となるわけです。

今の収入で、その支出増加分を賄うことができるかどうか。
ここを住宅購入前に家計試算に入れておかなければなりません。

子供が小さい現在の家計支出で、目いっぱいの住宅ローン返済額を決めている人は多いものです。
毎月このくらいなら、何とか返せる。
その金額は、将来の支出増を見込んでいないのです。

そのため、購入後数年たって子供支出が増加してくると、返済がツラくなってしまうわけです。
例えば、スマホ。
早い子は小学生ですでに与えられています。
子供が二人なら優に15,000円は支出アップですよね。

住宅を購入しようと思ったら、将来の支出増をきちんと家計に組み込んでおきましょう。
と、ともに、組み込んでいけないのは甘い収入の見積もり。

数年後に昇給がある「はず」。
子供の手が離れたらパートに出る「予定」。

大変危険なので、未確定収入は住宅購入時に加味するのはやめておきましょう。