ザル家計よりも困った家計の特徴

どんぶり勘定のザル家計。
家計のお金の流れがつかめないという問題があります。

何にいくら使っているのかさっぱりわからない。
ただ、家計が黒字ならそれでもまだいいでしょう。

ザル家計の収支バランスが悪くなると、目先の支払いに追われる自転車操業になります。
もともとお金の流れが把握できていないので、完全に行き当たりばったり状態。
これを支払ってホッとしたら、次はこの支払いが来た。
という状態です。

このような家計状況に陥ってしまったら、抜け出すには自力では難しいかもしれません。
目先の支払いを無事に済ませることにしか目が向かないからです。

なんだか、苦しい。
と思ったら、専門家の助けを借りてください。

いろいろな方法があるでしょうが、弊所ではまず次の作業を行います。
1年先までの支出を洗い出します。
目先の支払いに追われる状態を脱するには支払予定表が必要になるからです。

いつ
いくら
何のために

これがわかれば、収入を配分しやすくなります。
行き当たりばったり家計からの脱出には計画が必要になります。

ただそうはいっても、もとはザル家ですから洗い出しは簡単には行きません。
本人の頭にない支出も多くあるからです。
しかし、支払い用紙が届いて思い出すような支出をも洗い出さなくてはなりません。

金額にもよりますが、抜け落ちていると金策に頭を悩ませる事態が起こり、自転車操業に戻ってしまいます。
支出の洗い出しは慎重に行っていく必要があります。

次に収支のバランスのとれた家計設計を行います。
この際、将来のイベントもきちんと加味しておきます。

ここからが大事な部分です。
家計改善に必要なことはシステム化です。
このシステムをきちんと作らないと改善できずに、やはり戻ってしまいます。

ゆっくりと行う部分とスピードが必要な部分を上手くコントロールしながら、家計のシステムを作り上げることによって、家計改善を行っていくのです。無理や負荷が大きければ挫折します。

そのため、家計診断のような単発で1回だけのご相談は行っておりません。
最低でも2回のご面談。
メインは1年間での家計改善プログラムのご提供です。