住宅ローンを組む時に頭金の準備が必要な理由

住宅購入を考えたら気になるのが「頭金」。
頭金は物件価額の2~3割を準備しましょうとよく言われています。

その理由は、以下のようなものです。
・借入額を減らす
・担保価値を確保する

借入額は少ないに越したことがありません。
なぜなら、この先何十年も抱える負債が大きければ大きいほど危険を抱えることになるからです。

今の条件を元に借り入れを決めるわけです。
しかし、長い年月の間にはその条件になにかしらのマイナス変更が生じることがあります。

例えば、離職。離婚。
病気や介護などにより収入の減少や支出の増加が生じ、返済負担が重くなる可能性があるわけです。

35年返済の場合は、35年間そのようなリスクを抱えつつ過ごさなければなりません。
イメージとしては、度重なるタックルを交わしながらゴールに向かっていくラクビー選手。

担保価値を確保するといった理由は、早々に物件を売却しなければならない事態になった時のリスクヘッジでしょう。

さて、ここから家計管理の面から頭金の必要性をお話しさせていただきます。
一言で言えば、「頭金の用意できない家計はリスクが大きい」ということです。

頭金がないということは、貯金がないわけです。
今まで貯金ができない家計管理をしているわけですから、購入後もその流れで生活するでしょう。

ここに大きなリスクがあります。

住宅購入時の関心事は、「いくらの物件が買えるのか?」、「金利は何%か?」だったりします。
しかし、一番見ておかなければならないのは、貯金ができる家計かどうかです。

独身時代の貯金もない。
結婚後の貯金もない。
したがって、住宅購入時の頭金はない。

フルローンで購入することは、頭金を貯めるまでの期間を考えたらメリットも生じます。
そのメリットを享受できるのは、貯金のできる体質の家計です。
そうでない場合は、あっという間に家計ダメージが生じてくることは想像に難しくありません。

住宅購入を考え始めたら、まずやることは家計の整理です。
ザル家計のままフルローンなんて間違ってもお勧めしません。