貯金を取り崩さない!このハードルを越えないうちに

経験値は大きな収穫

一度ハードルを飛び越すと、次回はそのハードルを飛び越すことが容易になります。

それぞれの日常経験でご経験あるかと思います。

例えば、初めてのバス乗車を考えてみましょう。

お金の払いかた、降りる駅。

一つ一つ確認して、それでもそわそわ落ち着かず。

無事に降車出来たときは、とてもホットしたものです。

そんなドキドキのバス初乗車も、二度目は驚くほどスムーズに。

経験の大きさを実感しますよね。

マイナスのハードルは高くていい

ハードルを飛び越える。

プラスの出来事であれば、いくらでも。と、思うのです。

様々な経験から得られることは財産となります。

これが、マイナスのハードルの場合はどうでしょうか。

飛び越えないほうがいいケースが多いかと思います。

貯金を取り崩す心の壁

家計が苦しくなってお金に困ると、貯蓄を取り崩すことになります。

貯蓄を取り崩さない。

と、心で思っていても、どうしてもの時は当然ながら取り崩します。

その際、初めての取り崩しでは、とても迷って、心に葛藤を生じて重い気持ちで行うことでしょう。

何度も考え直すかもしれません。

しかし、ひとたびそのハードルを越えてしまうと、次回はいとも簡単にそのハードルを飛び越してしまうのです。

なし崩しに貯蓄は底をつく

一度行うと、その行為に対する心理的なバーが下がってしまうわけです。

貯蓄の取り崩しも同じです。

そのため、取り崩しを始めると、ズルズルと……

気が付けば貯蓄が底をついています。

クレジットカードやキャッシングも全く同じことが言えます。

早急な家計改善が取り崩しから家計を守る

家計が苦しいな。と、感じたら行うことは家計の抜本的な改善です。

まだ大丈夫。

もう少し様子見よう。

少しくらい貯蓄を取り崩してもボーナスで補てんできるかも。

などと、思うと改善が遅れて、気が付くと貯蓄が底をついているなんてことになりかねません。

ハードルを飛び越す前に、早急な家計改善を行いましょう。