借入する前に家計改善をしてほしい

11月のあることに照準を合わして、この2カ月は本自粛しています。

が、研修会が神保町だとどうしても寄ってしまう三省堂。

そして・・・・

惹かれた本がこれ。

銀行カードローン 藤田知也さん

弊所の相談者の半分は借り入れのある人。

借入金額に幅があるけど、「貯金無しの借り入れ有」状態は同じ。

カードローン

キャッシング

カタカナにするとなんだか目くらましにあった気になります。

しかし、日本語でべたで言えば「借金」のことです。

お金を借りることです。

お金を借りたと自覚する

お金を借りた意識を薄くしてしまうのが、このようなカタカナ語です。

クレジット

キャッシング

カードローン

リボ払い

何となくボヤっとする用語のためか、借金した意識はあまり持たないようです。

多分、日本語で「借金」といえば、多くの人はなんとなく躊躇するのではないかなと思います。

借金は返済する必要がある

お金を借りるということは、返済がある。

そんなことは借りる人も十分承知なのですが、実はよく分かっていない部分。

目的(人によってお金が必要な理由は様々でしょうが)を達するために、それに必要なお金を手にする。

ここにすべてのエネルギーが行ってしまうため、冷静に物事を判断できない状況下にあるケースも多くみられます。

「気が付いたらこんな額になっていました」

「ボーナスが出たら返せると思っていました」

「どうしていいのか全く分からなくなってしまいました」

返済できるか否かの見積もりが甘いのです。

生活費の補填借り入れは返済ができない

弊所の相談者で多いのは、家計補てんのための借り入れ。

お金がないからと言って何も食べないわけにはいかない。

そこでクレジットカードで食費を購入し自転車操業に入るのだけれども、やはり現金が必要な場面もある。

そんな時にキャッシングを利用し、さらなる自転車操業に入る。

このような状態では、家計を把握していることはまずありません。

収支のバランスどころではないからです。

収入も確認しておらず、支出は目先の支払いを追うだけで精一杯の状態に陥ります。

生活費の借り入れを行う前に家計改善を

生活費が足りずにお金を借りる。と、いうのは明らかに返済は困難です。

そのような状態で借入すれば返済不能になるまではカウントダウンなのです。

とはいえ、この部分もなかなかご理解いただけないところです。

家計が苦しいな。

貯金ができていないな。

そう少しでも思ったら、速攻やって欲しいことがあります。

家計収支が黒字になる家計の組み立てです。。

お金が足りないから借りようと思う、その前に。