奨学金を誤解していませんか?

貯金が全くない家計で、貯金をする気もない人がいます。
子供の大学費用は奨学金があるから大丈夫だというのです。

しかし、ココに大きな誤解があります。
奨学金は、大学に入学してから毎月入金される方式です。

月額8万円借りるとしたら,毎月8万円ずつ入金されて、一年後に96万円となります。
(機関保証タイプの場合は保障料が差し引かれるので、96万円を下回ります)

と、いうことは、入学金や一年目の授業料に間に合わないのです。
合格が決まったら、入学金と授業料を納付します。
授業料の納付方法は各大学で確認してほしいのですが、前期と後期の二期に分割して納めることも可能なようです。

入学金と前期分の授業料を納付するとしても、かなりまとまった金額の準備が入学前に必要になります。

奨学金を借りるとしても、手許に100万円程度の教育費用の現金は準備しておきたいところです。
どうしても準備できない場合は、教育費ローンを利用することも視野に入るでしょう。

入学前にお金が必要になる。
奨学金の給付は入学後。

ここは、しっかりと覚えていてほしいところです。

※センター受験、一般受験の場合は、受験料がかかりますから、その分の準備も必要です。