クレジットカードについて子供に教えられますか?

先日、買い物中の母子の会話が耳に入りました。
お金ないから買わないといったニュアンスのお母さんに、小学校低学年の子供が一言。
「カードで買ったらいいじゃん」

いまの子供たちは、カード社会で育っています。
しかし、きちんと理解をしている子供がどれだけいるのでしょうか。

お財布にお金がなくても、カードを使えば買える。
先の子供の発言は多分珍しくないのかもしれません。
なぜなら、カードを利用している多くのお母さんがそう考えている傾向は否定できないからです。

無い袖は振れない

だから、いま手許にある現金で遣り繰るように、遣り繰れるように知恵を働かせる。

無い袖が触れてしまえば……

例えば、こんなシチュエーション。
今日一日を1,000円で過ごさなくてはなりません。
お財布の中は1,000円だけです。

Aさんは、1,000円で頑張ろう!と、決心します。
Bさんは、1,000円でやってみるけど、足りなくなったらカードかなと思っています。

この二人の「決心」は、結果にとても大きな違いがでます。
きっと、Aさんは1,000円でなんとか遣り繰れることでしょう。
しかし、Bさん。
まず間違いなく、1,000円では足りません。

なぜなら、1,000円という範囲の中で収めるという思考が抜けているからです。
これは、一番大事な考え方になります。

カードを使用して未来の収入から支出分を抑えてしまえば、自分自身を苦しめることになります。
未来から拝借しているわけですから、未来の自分の資金繰りが苦しくなるだけです。

無い袖は振れない

子供はお母さんのお金の使い方をしっかりと見て学んでいます。
「お金がないからカード払い」をしている親の姿を学ばせないようにしたいものです。