年収600万円以上世帯でも家計は苦しい

年収600万円以上世帯は生活が楽かといえば、実はそうでもありません。
贅沢していないのに家計が苦しいと訴えるのが、年収600万円以上世帯。

そこで、仮に年収を600万円。
奥様と2人の子供の4人家族としたモデルケースの家計をみてみましょう。

今回はわかりやすいように、賞与を月の家計に入れ込んじゃいますね。
社会保障費などを引き、ざっくりと75%を手取り収入とします。

すると、月の手取り額は375,000円です。
支出は以下のように仮定してみます。

住居費:購入マンション  142,000円
新聞、自治会費など  10,000円
生命保険   25,000円
学資保険 2人分  30,000円
携帯4台  28,000円
光熱費  30,000円
食費  75,000円
日用品費  10,000円
学校納入金 2人分  15,000円
医療費ほか  10,000円

※住居費は3,500万円のマンションを1.5%の固定金利にて35年返済。
管理費等35,000円/月にて算出

このモデルケースの家計だと、衣服代やレジャー費、美容院代などねん出ができていません。
ご主人のスーツ代やYシャツなども資金確保が難しい。
貯金も、学資保険を利用した子供の学費分だけです。

子供も高校まで公立高校を想定していますが、この家計では部活動や習い事、塾代を確保することが困難です。

年収600万円以上世帯では、住居費が家計を圧迫していることがあります。
この家計でも税込金額で見れば住居費は30%以内です。
しかし、手取りベースでみていくと40%近くになります。

住宅購入を視野に入れやすい年収600万円以上世帯。
住居費の設定に気を付けることが大事になってくるのかもしれません。

せっかく購入したマイホームで家計がツラくならないようにしたいものです。
そのためには、住宅購入前に行ってほしいことがあります。
ライフプランを立て、キャッシュフローを作成して、しっかりと資金計画を立てることをおすすめします。

住宅購入前の相談