家計簿Q&A25 ボーナスをもらったら、まずやることはこれ!

待ちに待った賞与。
と、思いきや、あっという間にボーナスの残高がゼロ。
そんな経験ありませんか?

弊所の相談者さんでも、早い人はボーナス支給月の翌月には「ない」と、訴えます。

次のボーナスまだかなと心待ち状態になるも、あと5か月。
かなり待ちますね。

ボーナスは、次のボーナスまでに発生する支出を賄えるように管理したいところです。

※下記ページもご参照ください。
ボーナスは家計簿のどこに書くの?
ボーナスが貯まる家計簿のつけ方

さて、ボーナスが支給されました。
ここで、すぐに行動を起こしましょう。

ボーナスの予算を立てる

お金は行先を決めてあげておかないと
勝手に?どこかへ出かけて行って(実際はお金は勝手にどこかへいきませんが)
まず、間違いなく帰ってきません。

そこで、どんな行動を起こすのかというと、お金に行先を教えてあげるのです。

誰がどこへいくのか
これを、予算を立てるといいます。

予算を立てる最大のメリット
知らないうちの目減りが起こりにくくなるということです。

予算を立てないと、気が付いたら「ない!」状態に陥ってしまいます。

ボーナスは支給されたら口座を移す

ボーナスが支給されたら、早急に用途に合わせて口座を移動さましょう。

ボーナスが振り込まれる口座は、給料振込口座ですよね。
その口座は、生活費などもろもろ引き落としされる口座であるはずです。

そんなところに置いておけば、間違いなく目減りします。
「目減りする」と、いうのは、生活費に流れて、消えてなくなってしまうということです。

まとまったお金が入れば、人の気は大きくなります。
目減りしないほうが不思議なのです。

そのため、しっかりと防波堤を作っておく必要があるのです。
それには、物理的に分けてしまうこと。


ボーナスを3つに分類する

口座を移動させるには、予算が必要になります。

ボーナス払いにしている各種支払いがある場合は、その引き落とし口座に入金します。
※ほとんどの場合、給料振込口座でしょうからそのまま置いておくことになります。

次に、使う予定のあるお金は、POOL口座へ移動させましょう。
予算立てした項目は、レジャー、冠婚葬祭、帰省、洋服などでしょうか。
中短期的に使うお金です。

貯金するお金は、貯金口座に移しましょう。
これは、長期的に貯めていく口座です。

ボーナスの半分は貯金できるような家計設計ができると安心ですね。

※口座の分類はこちらもご参考になさってください。
家計の口座は3つ用意する