家計簿Q&A20 給料天引きの財形や保険料はどこに書く?

給料から財形貯蓄や生命保険料などが控除されて、
その残額が口座に入金される場合のご質問を受けます。

まず、財形とはなにか?
からご説明しましょう。

財形貯蓄とは、資産形成するために、会社に協力してもらって行う貯金のことです。
※ご自身の勤める会社に財形制度があるかどうかは、ご確認ください。

財形貯蓄は、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3つがあります。
メリットは、一定の金額まで非課税(一般財形貯蓄を除く)を受けられることです。

家計管理が苦手な人にとっては、
あらかじめ給料天引きで貯金ができる制度として、利用価値は高いでしょう。

では、天引きされた財形貯蓄の金額を家計簿のどこに書くのか。という話しに戻りましょう。

弊所で使用している家計管理の表は、
実は、表の下部に、控除された費目の備忘記録欄を設けています。
この欄は、天引き用に財形と生命保険。それともう一本、カード使用分の3段です。

一般に市販されている家計簿を使用する場合は、
手取り給料額に給料天引き分を含めるかどうかの問題になります。

家計の見直しをするのであれば、
天引き前の金額を記入し、そこから引き落とされたとして記入したほうが
固定費や他の項目とのバランスが確認しやすくなります。

しかし、家計支出の各項金額自体はそのままで、
手許現金でのやり繰りがメインの目的であれば
口座に実際に振り込まれた金額で十分でしょう。