簿記3級は難しいのか?

日本商工会議所簿記検定に「初級」が創設される。
現在の4級がなくなり、あらたに初級が創設されるそうです。

簿記4級が創設された時も驚きましたが、
今回の初級創設にも、個人的には驚いています。

ちなみに、この初級は会場でのネット受験となるそうで、
PCが苦手な人は、少し触っておくといいかもしれません。

40代以上の女性の場合は、PCがほぼ使えないという人も珍しくはありませんから。

そもそも簿記3級検定試験が、「難しい」試験に区分されなければ、
初心者向け4級や初級は受験者の需要も少ないはず。

では、簿記3級は難しいのか?
ここを見ていくには、まず合格率からお伝えしたほうがいいでしょう。
(簿記3級合格率:日本商工会議所出典)

合格率
144回 45.1%
143回 34.2
142回 26.6
141回 26.1
140回 52.7
139回 54.1
138回 38.5
137回 48.0

ついでに簿記4級も見てみましょう

144回 41.5%
143回 49.3
142回 34.6
141回 41.4
140回 37.9
139回 39.4
138回 46.0
137回 42.0

合格率が3級よりも低い、もしくは同じくらい。
調べてみて、私も驚きました。

入門級である4級や3級の合格率がこのように低いのは、
どうしてなのでしょうか。

大きな原因として、
簿記を簿記として学んでいるからと言えるかもしれません。

総勘定元帳と言われても
実際に見たことがなければイメージがわきません。

手形や小切手を見たこともないでしょうし、
公社債と言われても
そもそも社債ってなに?地方債ってなに?
株式会社って株発行してるけど、なんで配当金はらうの?

意味が分からずに
仕訳だけせっせと覚えようとしても
なかなかインプットはできません。

そのため、弊所では実際に
総勘定元帳を見せますし、
リベンジ簿記3級講座では
総勘定元帳の手書き帳簿作成も行ったことがあります。

簿記は難しいのではなく
わからないことをわからない前提のまま
簿記智識を習得していく学び方に問題があるのではないでしょうか。

簿記3級は入門級です。
合格率が80%近くになるように
教えている側が、工夫を重ねていく変革期に来ているように思います。

そこで、弊所も簿記3級テキストを新しくしました。
より、わかりやすく
より、使いやすく
受講生さんたちの引っ掛かりどころをポイントとしてまとめてみました。

独自テキストでお待ちしてます。
簿記3級を一緒にまなびませんか