「知っている」から「できる」への家計ステップ

家計簿講座では最初に
「後出し」ジャンケンにトライしてもらいます。

ルールは簡単
後出ししていいので、必ず負けてください。
これだけです。

なあんだ、かんたん。

そう思う人が多いのですが、
いざやってみると、あれれ?
勝っちゃった!
負けられない!
そんなお声が続々。

そうなんです。

頭でわかっていてもそれが出来るのかどうかは
全くの別物。

理解することと、出来ることは
イコールではないのです。

家計管理にしても同じことが言えます。

要は、家計簿つけて黒字になればいいんでしょ?
と、いう認識の人がいざ家計簿と向き合ってみると、
あれ?これ、どう書くの?
ここはどうすればいいの?
疑問がたくさんでて来ます。

これが大事。

「私だって、やれば出来るよ。やらないだけ」
なんて、 何かにつけていう人がいますが、
実際にやってみたらどんな結果が出るのかと言えば、
できない自分を発見することになりかねません。

自転車の乗り方を教えてもらっても
なかなか乗れるようにはなりません。

何度も転んで、
擦りむいたり痛い目に遭いつつ、
練習して乗れるようになるわけです。

水泳にしたって同じ。
テキストで泳ぎ方を読んで学んでも
泳げるようにはなりません。

実際に水に入って、
泳ぐ練習をしていくわけです。

そう考えたら、
頭でわかっていることは、実際に出来ることとは
全くの別物であるといえますよね。

だから、家計簿も練習が必要なのです。
家計管理もそう。
いきなり完璧にはできません。

少しずつ、上達していくのです。

だ・か・ら
始めましょう。
家計簿生活。

すぐには上手くなりません。
と、いうことは、
家計簿生活を始めてすぐに家計が楽にならないということです。

時間がかかります。

だから、今すぐ
始めてくださいね、家計簿生活。