家計簿Q&A17 食品と日用品を一緒に購入した場合の記入

今は、ドラッグストアで購入するものが薬だけとは限りません。

パンや牛乳などの食料品をはじめ、本、電球などの日用品、文房具と、品揃えは豊富。

スーパーやコンビニも同じです。

このような生活環境で問題になるのが、複数の費目の商品を1店舗で購入した場合の「家計簿の書き方」。

ご質問をよくいただく部分ですから、
迷われている人も多いでしょう。

真面目できっちりしている人は
レシートの中身を分類しがちです。

項目を拾って
食品250円
日用品340円
と、分類集計。

いちいち、チョット面倒臭いですよね。
そこで
性格上、キッチリしないとダメ!な人以外は、
ざっくり計上をオススメします。

購入費目が混在しているレシートを眺めて
食品が多いようなら、全額食品へ
日用品が多いようなら、全額日用品へ
同じくらいなら、折半でいいでしょう。

家計支出を費目ごとに
キッチリと正確に把握する必要はありません。