光熱費は平均化する

124_52708552016年11月24日は、
東京に雪が降りました。
54年ぶりだそうです。 54年前は、かなり寒かっただろうなあ~と、想像。
今は、暖房機器が発達していますからね。
とはいえ、寒かったですね・・・

さて、寒かったといえば、
やはり暖房機器の使用による光熱費のアップが気になるのではないでしょうか。

光熱費はどの様に管理していますか?
請求額を都度都度支払ってそれを家計簿に計上。
金額が高額になる場合は、その月の食費等々が圧迫される。

こんな感じでしょうか。

夏のクーラー代と同じく、冬は暖房代が家計を圧迫。
調整は食費。

このような家計を変えてみませんか?

難しいことはありませんし、面倒もありません。
それでいて、「今月は家計が苦しい」という状況をなくすことができます。

是非、トライしてほしいと思います。

具体的にどうすればいいのか?
ですが、以下、手順をお伝えします。

1・過去一年分の光熱費のトータルを出す
2・1で計算した1年分の光熱費を12で割る
3・一カ月分の平均光熱費が計算できたら、それを毎月の光熱費予算とする

3の予算では実際ベースの金額と違いが生じます。
この違いは、1年終了時にはこなれてきます。
予算より実際の方が少なければ差額をプールしておき、
その逆の
予算より実際の方が多い月に回します。

これで、毎月同じ金額とすることが可能です。

家計のやりくりはシンプルに、かつ、やりやすくした方が続きます。
家計支出に振り回されるのではなく、
家計をコントロール出来るようになると、楽になりますね。