私立高校には進学させられない

子供が高校受験間近になると、もしくは大学進学間近になると、気になるのが教育費です。

いくらかかるのか、払っていけるのか。

今回は、高校の学費を考えていきましょう。

高校の教育費は毎月の家計から捻出する

高校時代の教育費は毎月の家計で賄っていくことが基本になります。

高校時代を乗り切れる家計設計をしておかないと、苦しい三年間になりかねません。

特に、家計的に公立高校を希望していたとして、その希望に添えなかった場合は私立高校に進学することになります。

私立高校進学に関しては、国・都道府県で補助制度がありますが、それでも支出増が家計にずしりと重くのしかかるケースもあるでしょう。

そこで、あらかじめ子供が私立高校へ進学するケースを念頭に置いて家計収支を組んでおきましょう。

予期せぬ出来事にしない

私立高校への進学を予期しなかった出来事として、目前でどうにかしようとしたら、それは大変な作業となります。

わが子は公立に進学するから。

このように頭から信じ切っているママは意外と多くいます。

しかし、意に反して。

ということは往々にあるものです。

そこで、私立に進んでも家計が持つように想定して支出を組んでおくことが大事になります。

子供が小さいうちに家計枠いっぱい使って支出を組み込むのではなく、余裕部分を持たせておくことが後々のリスクヘッジにつながります。

大学資金を高校時に取り崩すとマネー設計が狂う

高校の学費ねん出がどうしても家計を圧迫してつらいという場合には、大学資金として蓄えてきた貯蓄を取り崩してしまうことになりかねません。

すると、今度は大学資金がショートしてしまいます。

住宅購入の際もよくお伝えするのですが、現状カツカツで購入プランを立てると、あとあとに響いてきます。

子供の高校時代をなんとか乗り切れるような家計プランをあらかじめ設定しておくと安心です。

目前になって慌てても、なかなか対応しきれないものです。

先のことを考えておくことが、マネープランではとても大切です。