レシートは必ずもらう

pic_g046昨日何食べたっけ?
一昨日は?
ん?その前は?
最近なかなか思い出せなくなったのは歳のせいでしょうか。

さて、
記憶力に自信がとてもあると言い切れる人でも、興味の薄いことはあまり覚えていないものです。特に、家計管理初心者さんはあまりお金に意識が向いていないもの。言い換えれば、お金に関して興味が薄い。
そのため、記憶に頼った管理は難しいのです。
一週間前くらいの支出ってほぼ、思い出せませんから。

そこで活躍するのがレシート。
毎日家計簿を付けなくても、レシートを取っておけば、支出した金額が後からでも計算できます。
なんて便利なアイテムなのでしょうか。

レシートをもらう癖がついていないと、
もらい忘れてしまいがち。

コンビニなどのお店では、レシートを持ち帰る人が少ないようで
レシート要りますか?
と、聞かれることも。

しっかりと貰ってください。

レシートをきちんともらうようになると
使途不明金が減ります。

すると、何に使ったっけ?と、思い出す時間を取らなくて済むので
面倒臭くなくなります。

ここで、一つ問題が発生します。
レシートをもらうようになると、なんだかこれを捨てられなくなっちゃうのです。
いつ捨ててよいのかわからなくなってしまうようです。

レシートは、家計簿に記入した後は、捨ててください。
保管しておいても特に役には立ちません。
場所を取って邪魔なだけです。

あ、医療費の領収証は、
医療費控除で使用するかもしれないので
保管しておいてくださいね。