頭金なしで住宅購入する危険

頭金なしでもマイホームが購入できる

「頭金なしでもマイホームの購入ができます」

いつからか、こんな文言をよく目にするようになりました。

預貯金の少ない家計でもマイホームが購入できるということで、利用する人は多いようです。

金利も低い今なら、頭金を貯めてから購入するよりも、頭金ごと借り入れたほうが得だということらしいです。

弊所でも何度かそのような質問をいただきました。

損得はお答えできませんが、頭金なしでの購入はお勧めしません。

頭金なしでの購入が抱える問題

その理由としてよく紹介されているのは、次の通り

・毎月の返済額が多くなる

・将来の売却や借り換えに影響することがある

しかし、弊所が頭金なしでの購入をおすすめしない理由は別にあります。

頭金がないという家計状況がそもそもの問題なのです。

なぜ、頭金がないのでしょうか?

貯蓄のない家計状態がマズイ

貯蓄がないということは、家計に余裕がないという現れです。

結婚してから住宅購入までにどれくらいの時間があったでしょうか。

その期間の中で貯蓄ができていないということは……

今のままでは、今後も貯金ができる家計に変身する可能性は極めて低いのです。

住宅購入を考える人の多くは、子供がまだ小さいでしょうから、これから支出が増えていきます。

貯蓄なく、支出が増えると家計はどうなる?

大幅な収入増が見込めない中で、支出は増えていく。

もともと貯金ができていない家計なら、余裕幅はないので苦しくなる一方。

そんな中で住宅購入により支出が増えるようであれば、家計にとって危険なのです。

金利ばかりに目がいきやくす、損得勘定ばかりで議論されやすいところですが、弊所ではこの部分が一番大切だと考えています。

そのため、頭金の準備ができない家計は、まずは家計簿を付けて、家計を把握してもらいます。

その後に再度、購入するのかどうかを考えてもらうことにしています。