クリスマス費用の準備の仕方

124_5270855楽しいクリスマス
子供たちはサンタさんからのプレゼントを心待ちにしています。
かわいい姿ですね。

しかし、
子供の欲しいものを聞いてサンタさんは冷や汗が出そうなケースも。
サンタクロースを信じる期間は短いものです。
楽しく過ごすためにもあらかじめ準備をしておくとよいでしょう。

クリスマスの費用を12月の家計から支出しようとすると、家計が圧迫されることになりかねません。
(もちろん、家計からねん出できればそれでOKです)
12月にはお正月の準備もあり、支出は増えます。

クリスマスをはじめとするイベントに係る費用は、家計とは切り離して別途確保しておくと「今月は出費がかさんだから家計がツラい」という状態を作らなくて済みます。

お金の不安があると、イベントも心から楽しむことができなくなります。
お金の心配なく楽しむためには、準備が必要です。

クリスマスは毎年やってきます。
当たり前だと思いますよね。
当たり前のように毎年やってくるからこそ、計画が立てやすいのです。

いつ支出が起こるのかわからないし、
そもそも、その支出が発生するのかどうか
発生したとしたらいくらなのか

そんなことがわからない事象に備えることは大変です。
たくさんのことを考えなければなりません。

しかし、毎年同じ日にやってくるイベントなら
その日に向かって計画が立てやすいですよね。

毎年クリスマスがやってくる。
と、わかりきっていても、計画を立てて予算を確保している人は少ないようです。

子供へのプレゼント、クリスマスケーキやチキンなどの食品類、ツリー飾りなどで
仮に、クリスマスで必要となる資金が6万円だったとしましょう。

確かに、12月の生活費から支出するには辛い金額です。
そこで、1年かけて準備をするとします。
6万円を12カ月で割ると1カ月分は5,000円です。
6万円÷12=5,000円/月

毎月5,000円積み立てていけば、
クリスマス時に、12月の家計に影響のないお金が捻出できることになります。

家計を圧迫せずに、使い切ってよいお金です。
予算の6万円の範囲内でクリスマス費用をやりくりすればいいのですから、お財布にも心にも優しくなります。

これが、「計画」です。

あらかじめ一年前から支出がわかっているものですから
計画的に準備をしていくとよいですね。